社員インタビュー

川本 豪

工事部 2011年新卒入社川本 豪

入社の動機や協和道路に決めた理由は?

小さい頃から物づくりが好きでしたが、まさか自分が道路をつくることになるとは思いませんでした。
進路を決める際に数ある「物づくり」の中から道路を選んだのは、「自分はこの道をつくったんだ」と胸を張って言えるから。
そして、その道路はたくさんの人の暮らしに安全と快適をもたらしてくれる。
失敗したときの悔しさや工事が完成した喜びの経験を重ね、自分の仕事が役に立ってるんじゃないかなって、少しずつ感じるようになりました。

川本 豪

この会社の良いところは?

「物づくり」という選択肢からこの業界に入ったわけですから、入社当初は右も左も分かりませんでした。何を聞けば良いかすら分からない状態の私に、先輩方は優しく教えてくれました。どこの会社でも先輩からの指導はあると思いますが、この会社には快く手を差し伸べてくれる先輩が多いように思います。
もちろん失敗して怒られることもありますが、怒って終わりではなく、分かるまで丁寧に、最後まで支えてくれる。先輩方には大いに助けられました。
私自身、現在後輩を指導する立場になっています。まずは自分がやってみせて、一度実践してもらう。やってみないと分からないですからね!もちろんフォローは忘れずに、先輩方に教えてもらったことを私なりに真摯に後輩に伝えていければと思います。

現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

主な仕事は現場監督です。この業務において最も重要なのは工期に間に合わせること。クライアントがどのような目的で道をつくるのか理解した上で工程表を作成し、工期内で完成させるために様々な工夫を施します。例えば人選ひとつをとっても、進行を左右する重要な選択です。
当たり前ですが、雨が降ると工程がずれてしまいます。その中で、工期を死守するためにベストで安全な方法を見つけ出し、スケジュールを調整するのが現場監督の腕の見せ所。経験を積めば積むほど判断材料が増え、進行しやすくなる。私も8年目になり、ようやくコツがわかり始め面白くなってきたところです。
数々の壁を乗り越え、無事完成したときの喜びはひとしお。皆でつくり上げた道路は、想いがたくさん詰まっています。

川本 豪

休日の過ごし方は?

休日はのんびり過ごしています。
会社の先輩から譲り受けたテントを持って、キャンプに出掛けたりもします。
幼い子どもと妻と一緒に家族で自然に囲まれ、心身ともにリフレッシュ。
束の間の休息ですが、家族との時間も大切にしています。

採用情報